採用担当者メッセージ

採用担当者から


相手のことを徹底的に想うこと 当社は、機械部品の商社として、お客様が必要なものを必要な時に届けることを使命と考えています。ただ、こちらから一方的に話すだけでは、相手のニーズを引き出すことはできません。大切なのは、相手のことを徹底的に「想う」ことです。お客様と向き合って、その「想い」を、五感を使って感じ取る。真剣に誠実にお客様と付き合うなかで、感じ取れるものが必ずあるはずです。それを提案に組み込めば、たとえコストがかかるものだとしても受注につながる場合もあります。そのためには、人と人とが深く付き合っていくことが必要です。アルバイトでもクラブ活動でも、学生時代に一つのことに徹底的に取り組んだ経験は、就職後も必ず生きてくるでしょう。当社でも、そうした経験を積んでいるかどうかを採用時に見ています。

私たち大賀商会は採用活動において、説明会や選考などを通じて、学生の皆さんに当社の社員たちと接することで、当社の社風や魅力を理解して欲しいと思っています。
学生の皆さんにとって大事な就職活動の限られた時間、限られた接点の中でも「この人とお話ができてよかったな」「有意義な時間を過ごせたな」と思っていただけるような場として説明会の中で座談会や質問会も実施しています。是非、直接先輩社員と接する中で当社が大切にしている「相手を徹底的に想う」ことを感じ取って欲しいと思います。そして、大賀商会の社員と接したことで当社のファンになっていただけたら、こんなにうれしいことはないと考えています。 取締役次長 別所和哉(右)

就活生にむけて


自分の目で見て、自分の耳で聴いてみてください 就職活動は、たくさんの人との出会いが待っています。自分の周りの就活生はライバルであり、大切な仲間でもあります。時にはうまくいかず、くじけそうになったり、投げ出したくなることもあるでしょう。そんな時は、ぜひその仲間と悩みや不安を語り合い、分かち合って一緒に乗り越えてください。

そして、就職活動で最も大切なこと。それは「挑戦したい夢や理想の働き方をその企業で実現できるか」を自分自身でしっかりと見極めることです。同業界・同業種でも今後めざすビジョンや働く環境はそれぞれ異なります。自分に合った企業を見つけるためには、より多くの企業に足を運び、自分の目で見て、自分の耳で実際に働いている方の「生の声」を聴いて不安や疑問を解消しておくことが重要だと思います。それが入社前後のギャップを少しでも埋めておくことにつながると思います。

就職活動を通して、みなさんが大きく成長されることを祈念しております。頑張ってください。

採用情報に戻る